FX口座 スキャルピング向きの口座ランキング

スキャルピング向きの証券口座比較ランキング

ヒロセ通商 LIONFX

ヒロセ通商 LIONFX

 

スキャルピングはトレードの種類だから自由にやってもいいと思っているトレーダーが
多いようですが、実は国内業者のほとんどはスキャルピングNGです。

 

しかしスキャルピングOKを公言しているヒロセ通商なら口座凍結のリスクもありません。

 

 

ランキングといいつつ1位のヒロセ通商のLIONFXしか掲載していないのですが、
現時点でスキャルピングができて、尚且つおすすめできる業者はヒロセ通商しかありません。

 

ヒロセは本当にスキャルピングOKなのか

FXをある程度経験して複数の業者を利用した人ならヒロセ通商がスキャルピングOK
ということを知っている人は多いですが、噂レベルの話を信じこんで口座凍結になって
しまったのではたまったものではありませんよね。

 

しっかりした回答を得るべくヒロセ通商へ直接問い合わせてみました。
下記画像がその回答メールのキャプチャーです。

FX口座 スキャルピング向きの口座ランキング

※個人情報欄にボカシ処理しました

 

「スキャルピングでのご利用も特別に規制は行っておりません」との返答をもらえました。
正式回答をもらえましたので安心してスキャルピングができます。

 

実はあまり知られていない口座凍結のリスク

スキャルピングというのは何秒以内の取引のことという明確な基準がないため
実に曖昧なのですが、数秒で決済するトレードを繰り返していると口座凍結になるケースがほとんどです。

 

突然口座凍結のメールが来て、異議申し立てをしても
口座アカウントを復活することはできませんから、
スイングやデイトレをしつつ、値動きが活発なときはスキャルピングをしたいという場合はデイトレ以上の時間軸でトレードする用の口座とスキャルピング用で使う口座を使い分けて口座凍結のリスクを回避しましょう。
最低3口座は作っておくことを推奨します。

 

スキャルピングが向いている人

スキャルピングが向いている人というのは、「FXに集中できる時間をとれる人」です。
スキャルピングは相場の動きを敏感に察知しなくてはならないため、レートを常に見ていられる環境でなければ利益をあげることは難しいです。

 

「変動したときに席を外していた」「急に用事が入った」といったことが多いようだと
チャンスを逃してばかりになってしまうからです。

 

専業トレーダーじゃなければスキャルピングで利益を出すことは難しいと思われがちですが、そんなことはありません。
相場に活気のある時間帯の夕方か深夜に2時間ほどトレードするのが効率が良いでしょう。

 

夏時間であれば16時〜18時 22時〜24時
冬時間であれば17時〜19時 23時〜25時
夏時間の16時は欧州市場が始まる時間であり、18時まで取引きが活発になります。
22時は米国の市場が始まる時間であり、24時のロンドンフィックスに向けて取引きが活発になります。

 

スキャルピング

スイングトレード

デイトレード