FX 用語 順張り トレンドフォロー

順張り(トレンドフォロー)とは

FXトレード用語として用いられる「順張り」とは、相場の流れの方向についていくことをいいます。

 

例えば、ドル/円が上昇している場合はロングポジション(買い)を持つことをいい、
ドル/円が下降している場合はショートポジション(売り)を持つことをいいます。

 

順張りの注意点

ここでちょっと注意が必要なのですが、時間軸によっては順張りが逆張りになることもあります。
どういうことかというと、一時間単位の相場の流れに対して順張りと思っていても
日足レベルで見ると逆張りだったりレンジを抜けていない上下している状態だったりするということです。

 

↓一時間足では下降しています。ここでショートをすることは一時間足レベルでの順張りをすることになりますが、、

 

↓日足まで時間軸を広げて見てみると前回の安値を明確には下抜けしていません。

 

日足レベルまで俯瞰して見ると、ここから折り返して上昇すると予想する方もいるでしょう。

 

つまり、短期時間軸だけで順張りしても長期時間軸でトレードしている人の同意は得られない状況ですから上昇する可能性がある状況です。
時間軸全体が同じ方向に動いているという状況が、そのときの相場の動きに異論を唱える人がいないということで、上昇している状況なら上昇し続け、下降している状況なら下降し続けるということです。