FX用語 レバレッジ

FX用語 レバレッジとは

FX用語で用いられる「レバレッジ」とは、証拠金を保証金とするかわりに
大きな金額を取引できるシステムのことです。

 

「テコの原理」と説明されることが多いですが、いまいち理解できないという方が多いのが
このレバレッジです。

 

ドル円レートが100円のとき1万通貨(1万ドル)を取引する場合はレバレッジは10倍となります。

 

1万ドル=100万円を10万円の証拠金で取引できますから、
100pipsの含み益を決済できた場合に1万円の利益が出ます。
レバレッジを利かせられない場合には1000円の利益ということを考えると
少ない証拠金で大きな利益を得られるのは魅力的に感じるかもしれませんが、
損をするときも10倍ですから注意が必要です。

レバレッジは計画的に
証券会社にはロスカットという証拠金以上の損を被らないようにする安全装置がありますが、
余剰資金の範囲内で証拠金に見合ったレバレッジにするようにしましょう。