FX 1000通貨 口座

FX口座 1000通貨対応口座比較ランキング

FXの国内業者のほとんどは最小取引単価が1万通貨からとなっていますが、
ちょっとリスクが大きいからという理由でFXするのに躊躇している初心者トレーダーや、
トレードスタイルがポジションをたくさんとってトータルで組み立てるタイプのトレーダーもおられるでしょう。

 

そんな方におすすめしたいのが1000通貨からFXができる業者。
最近は1000通貨対応を始める業者も多くなりましたが、
当然、スプレッド・手数料・約定力・約定スピードに優劣があります。
当サイトの管理人である私がそれぞれの口座を実際に使って感じた率直な意見を加味して
おすすめランキングにしてみましたので是非参考にしてみてください。

 
ヒロセ通商 LIONFX

ヒロセ通商 LIONFX

 

1000通貨から取引きできる口座のなかでも飛び抜けた存在なのがヒロセ通商です。

約定力の高さ・約定スピードは国内トップレベルです。

 



 

 

SBI FXトレード

SBI FXトレード

 

なんと1通貨からのトレードが可能なSBIFXトレード!
1000通貨に対応している業者はあれど1通貨から対応しているのはSBIだけです。

 



 

 

1000通貨取引のメリット

1000通貨取引のメリットはなんといっても少ない資金からトレードができるという点です。

 

基本的にFXでの通貨の単位は「1万通貨単位」となっていますが、
中には10分の1の「1000通貨」から取引が可能な証券会社も存在します。

 

1万通貨ではなく1000通貨で取引が可能なメリットとしては、
投資の金額を抑えることが出来る」ということになります。

 

特に初心者の方にオススメな取引手法となっていることが特徴的です。

 

例えば、1ドルが100円の時に1万通貨の場合だと100万円が必要となります。しかし、1000通貨で取引が可能なら10万円で取引ができるということになり、利益の額は下がることになりますが、損失の額も大きく下がることになるので相場が大きく変動することよって火傷をする機会が少ない取引手法ということになります。

 

日本でFXが出来るネット証券会社の場合は最初から
レバレッジが掛けられている事が多いです。
日本で取引が可能なレバレッジの倍率は25倍となっていますので、上記のレートに合わせて1000通貨の取引でレバレッジを対応させると、4,000円で1000通貨の取引ができるという
ことになります。

 

これは中高生の1ヶ月分の小遣い程度の金額で取引ができるということになりますので、
大きな金額を持っていなくてもFXが出来るということは「投資に対する垣根が低くなる
ということを指し示しています。

 

FXを覚えるためには様々な方法が存在しますが、「実践に勝る練習はない」という
格言もありますので、まずは実践することが大切です。
しかし、実践というのは痛みを伴って覚えるものということにも繋がってしまいますので、
大きな怪我をしないために、1000通貨で取引ができるというのは大きなメリットになって
います。

 

注意点

1000通貨対応といえども手数料が必要な業者もありますから、
口座開設する前に確認するようにしましょう。

 

※当ページで紹介しているヒロセ通商とSBIFXトレードは手数料はかかりません。